スーツスタイルの男性に合うメガネデザインについて

シャープな横長のメガネは知的な雰囲気を演出できる

スーツを着用する仕事に従事する男性がメガネを用いる場合、自分が他の人からどう見られているかを意識する必要があります。特に取引相手と商談を行うなど営業職に就いている人は仕事をスムーズに進めるためにも、知的な雰囲気を演出することが重要です。メガネのデザインで顔の印象が大きく変わりますが、仕事ができる切れ者というイメージを持たせたいならレンズが横長でフレームも細く作られている、シャープなデザインが適していると言えるでしょう。人は細い物や鋭い物に対して知的なイメージを抱きやすい傾向があるので、メガネのデザインを補足することで仕事ができる有能なビジネスマンという雰囲気を持たせることができます。

また、フレームの色は黒や紺など暗色系を選ぶのが落ち着いた感じを持たせるコツです。

レンズの形状とフレームの太さには要注意

メガネのレンズは大別すると円形と四角形があります。円形は家庭的で温かみのある感じがする一方、四角形は勤勉で知的なイメージ作りに役立ちます。四角形の中でも細く鋭いデザインになるほどより知的な雰囲気を作ることができるので、ビジネスマンには最適なデザインと言えるでしょう。しかし、極端に細くなるとクールを通り越して冷徹な感じになってしまう点は注意しなければいけません。また、フレームの太さについても同様であり、細すぎると雰囲気が冷たいものになってしまいます。太すぎてもフレームの主張が強くなり、顔の印象が変わってしまうので太さの調整はレンズ以上に難しいと言えます。レンズがもたらすイメージを邪魔しない程度の太さに留めるのが上手な選び方です。